1分で分かる トレンドの兆しワード 7/5

コミュニティフリッジ

コト

草加商工会議所は、食品ロス削減と生活困窮世帯の支援を両立させるコミュニティフリッジと呼ばれる事業を開始。メーカー等で余った食品を地域で集めて公共冷蔵庫に収納し、生活困窮世帯の人らが自由に持ち帰るようにした。コミュニティフリッジは欧州で始まり、日本でも広がりつつある。

インターネット・オブ・アクションズ

コト

ネットワークを介し人々やロボットがそれぞれの「行為(Action)」を持ち寄り、交換して、今までにない用途の領域を切り開こうという概念。精緻な触覚を遠くに伝え再現する技術「リアルハプティクス」の特許を持つモーションリブは、IoAの専用バンクを設け、各産業の職人技の触覚データを保存する方針。

地域文化ツアー

コト

シニア向けの「地域文化ツアー」が好評。自治体と連携して地域の文化資源を観光と組み合わせたツアーで、伝統工芸の工房等通常入る事ができない特別な場所にカメラを携えて入れる。職人やプロの講師から学べ、密度の濃い体験ができる事から、本物感を求めるシニアの心を掴んでいる。

在宅勤務用ペン

モノ

ゼブラは、在宅勤務でも使いやすい商品を強化している。省スペースで使えるよう、小さい文字が書きやすいペン先0.3㎜のペンや、ペン先がぶれないようにボールペンとシャープペンのサイズを統一した多機能ペン等を開発。オフィス用文房具の需要が減少する中巻き返しを図る。

実店舗接客再現

トコロ

レディースファッションECのヒールアンドトゥは、実店舗同様の接客で楽天市場の人気店となっている。顧客の問い合わせメールには、回答だけでなくチャットのような雑談を交える。リピーターであれば、以前購入した商品とのコーデを提案する等、顧客を大切にする積み重ねで売り上げを伸ばしている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました