1分で分かる トレンドの兆しワード 8/23

デカボスコア

コト

商品等から排出されるCO2の削減率の事。この度博報堂が、CO2排出量を分析する技術を持つスウェーデンのスタートアップと連携し、デカボスコアを表示するサービスを開始した。消費者に分かりやすい形で数値化する事で、企業が脱炭素への取り組みを生活者に広く知らせやすくする試み。

コインスター・マシーン

モノ

米コインスターが提供する硬貨“逆”両替機。ユーザーが硬貨を入れると高速で自動的に枚数と金額を計算し、手数料を差し引いた額を示して、設置店舗の商品・サービスの購入や紙幣等との交換に使える引換券が発行される。銀行へ行く煩わしさが軽減される。

無人食品販売車

モノ

京セラコミュニケーションシステムは、損害保険ジャパン等と共同で千葉市内で自動運転車両による移動販売の実証実験を開始。飲料や菓子を積んだ無人走行ロボットが巡回し、停車時間は1ヶ所約10分で、来客中は買い物終了まで停車している。自動運転社会の実装をより身近に感じられる。

手荷物当日配送

コト

日本航空等3社は、出発地の空港で預けた手荷物を滞在先のホテルで当日に受け取れる配送サービスを開始。まず、大阪国際空港等9カ所から午後1時前に羽田空港に到着する搭乗客を対象とする。荷物を持ち運ぶ不便さを解消し、手ぶら観光を後押しする。

バーチャルお守り

トコロ

千葉市の検見川神社は、お守りをNFT化して頒布する「お守りNFT」を開始。家内安全、商売繁盛といった一般的なお守りから、ウォレット安全等NFTらしいお守りもラインアップ。授かってから1年経つと、お焚き上げ代わりに自動でBurnされる。直接お参り出来ない海外からも注目される。

コメント

タイトルとURLをコピーしました